最新情報

一般

貯水槽を使用する人の健康と衛生管理のために

水道法により貯水容量が10トンを超える大きさの貯水槽の設置者、

管理者は年1回以上の貯水槽掃除及び水質検査などの管理が義務付けられています。

 

入居者や利用者の生活に直結する「水」の管理は、建物管理の中でも

大切な位置づけなのです。

 

貯水槽には常に水道管から引かれた水で満たされている状態です。

水ですから内部にも水垢がこびりつきますし、また常に湿気のある状態ですから

カビも発生します。

 

その内部はとても汚れているのです。

 

定期的な掃除や水質検査はとても大切です。

 

 

20200626163954.JPG20200626164333.png

 
ボットからトラックバックURLを保護しています